ずさんな軽微犯取り締まり

最近、愛知県警の逮捕において、不当逮捕といえるものがいくらか見受けられます。

例えば、新聞記事にもなった探し猫の張り紙をして逮捕された案件、テレビでもやっていた無罪になった建設現場における暴行容疑による逮捕、交通違反における現行犯逮捕などは数知れずあり、泣き寝入り状態の人がほとんどでしょう。

その一つに私も含まれると思います。その犯罪名目は、一時不停止違反、道交法違反の現行犯逮捕ということでした。

行政文書開示請求をしてみると、憲法違反と思われる現行犯逮捕がいつでもできるような状況が存在していることがわかりました。

それを証拠を挙げて、書いていきたいと思います。

ワードプレスを使うのも久しぶりなので、少しずつ思い出しながら、勉強しなおしながら書いていきますので、気長にお付き合いください。

マスコミ取材大歓迎しますので、関係者の方は連絡ください。まだ、連絡先も記載してませんが、近く設定いたします。

応援お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です