本質は100年前と変わらない無法国家

 久しぶりに「おーい、竜馬!」のアニメを見ました。

 本質的なところは、100年前と変わらないと思いました。程度が違うだけで、役人の本質は何も変わっていない。

 先進国とか、憲法とかあっても何も変わらない。わからないところでは無法国家ということなんでしょう。

 私の事件も、不起訴処分にするとかで、第二フレーズに入っていくようです。

 一度、事件の概要をきちんとまとめて、アップするつもりでいます。

 いろんなことで、ものすごく気分が滅入ることが多いんですけど、やっぱりぼちぼちしか進みません。

 ただ、憲法違反の行為があまりにも多いので、告訴も多くなるし、それも取り上げられない可能性も多々あります。

 少しずつアップします。

応援お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です