合憲性のかけらもない反則金制度

調べれば調べるほど、違憲性しかみえてこないこの制度、半世紀も誰も違憲性を裁判で問わなかったことが不思議でならない。

 基本的人権の基本的な部分を侵害しているのであるから、合憲性の推定は働かない。

 その中で、何を主張するのか4月19日の答弁期日を待つ限りだ。

応援お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です