合議制になりました。

裁判のことを、こちらの情報を出してはあちらに利することになるので、書くのを控えました。

 今回は、事実関係を書くので、差しさわりもないものと思います。

 次からは、合議制となるようです。弁論主義の中で、主張しないことは審議されないということは分かっていますので、言えることはすべて準備書面に書いたつもりです。

 主張が多いので、合議制にするということで事が進んでいるようです。

 加えて、相手方、愛知県と国ですが、反論はしないということでしたが、裁判官が、新たな主張が出ていますから、反論を考慮してくださいとのこと。

 訟務官や代理人弁護士に対して、いわゆる専門家に対して異例なのではないかと思います。

 内閣法制局も、電話した時には、反則金制度について違憲審査をしていないのではないかと聞いたら、そうかもしれませんねという回答をしていますから、当時の法制局は結構いい加減だったということなんでしょう。

 反則金制度の違憲判決を期待します。

応援お願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です